英語教育

グローバル化が進む現代において、国際人としての能力(英語でのコミュニケーション、国際的視野・感覚など)は、看護の実践・研究のいずれにおいても欠かせないものとなってきています。
看護学専攻では、世界に通用する研究成果の発信が行える能力を学部生から習得に重点を当て、以下の目標のもと英語教育に取り組んでいます。

中期的な目標

・英語論文を読む、書く、英語の講義を聞くことができる
・卒業研究の英文投稿、国際学会発表の増加
・日常会話、臨床看護、国際学会などで最低限の英語でのやり取りができる

現在の重点目標

・英語論文が読めるようになる
・英語学習の習慣化

英語教育を通じてみなさんの英語力がアップし、国際的に活躍する学生・卒業生が出てくることを期待しています!

1. アカデミック・イングリッシュを学ぼう!

Academic Englishとは「学術研究の世界で使われる英語」という意味です。4年間を通じて、このアカデミック・イングリッシュを学ぶことで、英語で研究成果を発信できる力を習得しましょう!
将来、学術研究以外の分野での活躍を希望する学生にとっても、プロフェッショナルな英語」といて実践に役立てることができます!

全学教育:アカデミック・イングリッシュ(1~2年次)

・英語A1・A2「英語総合演習(読解)」
・英語B1・B2「英語総合演習(コミュニケーション)」
・英語C1・C2「英語実践演習」

専門教育

・看護研究原論(2年次)
・学術英語(3年次)
・国際保健学(4年次)

卒業研究(英語抄録:必須 英語論文:選択制)

オンライン教材を活用した定期的な英語能力確認テストの実施(全学年)

EFSET(https://www.efset.org/ja/

2. 看護学専攻英語賞に申請しよう!

英語技能検定試験(TOEFL ITP、TOEFL iBT、TOEIC LR、IELTS)を対象に、基準点に達した学生を表彰します。

英語表彰制度要綱(PDF)

英語賞の受賞にはメリットがありますので、ぜひ挑戦してみてください。
・履歴書に一生書けます!
・就職にも有利です!
・助産選抜など成績に加点されます!

3. 「海外短期留学」にチャレンジしよう!

これまでにも、多くの学部生が、長期休業(夏・春)期間を利用して、東北大学グローバルラーニングセンターが実施する短期海外研修に参加しています。日本では得られない貴重な体験を通じて国際的な視野を育むことができますので、ぜひ皆さんも参加してみてください。

◆ 短期海外研修
https://www.insc.tohoku.ac.jp/japanese/studyabroad/sap/

◆ 看護学生の海外体験記
報告用フォーマット
2022
2021
2020
2019
2018
2017
~2016

4. 東北大学のリソースを活用しよう!

◆ 語学学習
https://www.insc.tohoku.ac.jp/japanese/language/
実践的な英語力や語学試験のスコアを伸ばす課外英語講座
夏季・春季休業期間を利用して、受講してみましょう!

◆ 英語能力試験
https://www.insc.tohoku.ac.jp/japanese/language/language/
年4回(5月、8月、10月、1月)、TOEFL ITP®テストが実施されます。
ぜひ受験して、英語賞を受賞しましょう!

◆ 海外留学学習
https://www.insc.tohoku.ac.jp/japanese/studyabroad/
東北大学では、短期海外研修以外にも様々な海外研修・留学プログラムを用意しています。自分に合うプログラムを探してみましょう。

5. 大学に入学する前から、参加できます!

◆ 入学前海外研修
https://www.insc.tohoku.ac.jp/japanese/studyabroad/training/
AO入試等で一足早く入学が決まった高校生を対象とした海外研修です。